超軽量プレイヤー

PC を組み込んだサウンドシステムは、CDの規格を超えた高次のレベルの情報再生が手軽にできるので、現在メインで使っている方も多いようです。

最近、発見して使い出した新しいプレイヤーがHYSOLIDです。

それまで使っていたTuneBrowserとは、考え方も音楽の現れ方もまったく新しく、そして素晴らしいので紹介します。といっても何年か前のリリースですね。

高周波ノイズの発生源であるPCを、あえて音楽再生に使うようになったのには、コンポやオーディオと呼ばれる音響機器に特有の、演出=音作りを回避する目的があったと考えています。ただし、ノイズ対策が行き届かずに音楽データがマスキングされて、のっぺらぼうな再生音になることが多かった。

HYSOLIDはその点をとことん突き詰めてあります。音楽のデータは、OSを一切経由せず、記憶装置からASIO経由でDACへと伝えられる仕組みです。PCのディスプレイ上にコントロール画面は一切現れない。かわりに手持ちのスマートフォンにアプリを導入して、そこからWiFi経由で選曲やキューを行います。音楽信号を扱うプログラムに一切の余分がなく、音量の調節はDAC以下のアンプで行います。

結果として、非常に透明で力強いサウンドです。シンガーの声に本来の確信があります。ピアノが限りなく自然でリアル。感度は抜群でボリュームのレベルは従来よりも絞っています。波の自然音のソフトでは、潮の香りが周囲に立ちこめます。

私の環境では遅延の生じない電源アタッチメントを使用しているので、このエンジンの恩恵をばっちり受け取っている観が強いです。

ASIOのレイテンシーの補償は最小限にしているので、センシティブゆえに不安定で、私のシステムでは音飛びすることもあります。が、それでも使用したくなります。アンプ以下の機器との整合性を、ASIOの調整を含めてPC側で取る必要があるようです。

コンサートで直に接したシンガーのアツいメッセージが、いまここに表れる。いつまででも聴いていられるし、いつ聴きやめても後を引かずに次のことに取りかかれる。興奮しないで済むリスニングが出来ます。

ただしこのエンジン、PCの記憶領域をかなり広範囲かつ細かく掘り起こしては埋め立ててゆくようで、定期的にディスククリーンアップとデフラグを行うと、さらに爽やかな再生をしていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です