調律する

ピアノの整音、弦楽器のA弦合わせ、管楽器ならリードを削ったりマウスピースを厚みで選び直すなどでしょう。太鼓なら設置に意をこらし湿度との相談。

これを部屋や家屋内の構造や調度品の微修正にまで拡張して行うことで、望み通りの音楽を楽しみ、体調を思うままにセルフコントロールします。

通常は音響機器とその周辺部をいじって終わるその作業を、そこまで敷衍していってはじめて心身の調律と言えます。

ピアノは据え付けが基本なので例外となりますが、演奏者が自ら行うのが調律の決まり。当サイトで提案している音質対策は、読者の方が験して効果を確かめるためのもの。各々の状況や目指す音響の質と量に差があるし、同じ人でも日ごと夜ごとに望むものが変化する。10時屋としての最終目標は、すべてのお客様が様々な状況に対応して、望ましい音響をご自身で現せるようになっていただくことです。

ハードウェアの調整に意識が行きすぎて、求める音響や音楽が定まらない症状は、どうしてもひとり相撲に陥りがちで、ご友人やショップとの会話などから解決のいとぐちを見つけようとすることが多かったりします。ところが誰しも求めるものには差があり、アドバイスにも私見が入ります。透明人間の意見が欲しくなるタイミング。

10時屋では、ひとりひとりの環境や性格、体質に応じた音響調整の方法論を提供するサービスをいたします。コースはいくつかありますが、もっとも長期のものは、一年間のアテンダントによって、音響宇宙で自由自在に楽しむようになれるマスタークラスです。また、もう少し限定的な目標を目指してアドバイスを差し上げる出張コース、メール相談コースもございます。基本は顧客の希望を映し出す澄み切った鏡であることと、だれにでも体得できる音響調整技術です。

また、段階的に調整術を身につけるメールマガジンを準備中です。

ご質問、ご相談は常時受け付けておりますので、コメント、あるいはコンタクトフォームからお気軽にどうぞ、お待ちいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です